Oracle completed the acquisition of Aconex in March 2018. Aconex has become part of Oracle Construction and Engineering. This web site will be redirected to Oracle.com on February 28th, 2019.

政府機関の厳しいコンプライアンス基準を満たす

さらに進化しているセキュリティーの脅威と共に、米国のFedRAMPや豪州のIRAP等、世界的に政府や企業によって、より規範的なコンプライアンス要件が課せられています。ISO 27001基準を遵守するだけでは、すべての組織とプロジェクトにとって十分とは言えなくなっています。Aconexでは、クラウドおよびSaaSガバナンスのそのようなより高度なニーズにお応えします。

コンプライアンス要件の高いプロジェクトを支援

高水準のコンプライアンスに対応

既存の環境、手順、スタッフによるセキュリティ水準をレベルアップして、米国FedRAMPや豪州IRAP規制等のコンプライアンス要件を満たします。

クラウドセキュリティー

クラウドプラットフォームは高レベルのセキュリティーを提供し、オンプレミス型システムと比べて、より柔軟な拡張性を備えています。

高度なシステム・アーキテクチャ

厳しい政府機関のプロジェクトにAconexを導入

AWS IaaSプラットフォーム

Aconexは、主な認証規定コンプライアンス要件に遵守しながら、政府プロジェクト向けサービスプラットフォームとしてAmazonウェブサービスインフラストラクチャー上で稼働することができます。

拡張設計

IaaS(Infrastructure as a Service)は、ハードウェアの劣化によるリスクを排除し、変化する要件に対応しうる優れた拡張性、柔軟性、セキュリティーを提供します。

バックアップおよび災害からの復旧

全社的バックアップ

不測の事態等でデータセンターの継続使用が不可能となった時に備えて、高水準なバックアップおよびプロトコルが整備されています。

高速復旧

Aconexのサーバーおよび政府行政プロジェクトのデータは同じ地域の複数ゾーンで複製され、迅速に復旧できます。