インターフェース管理をコントロール

石油・ガスプロジェクトのEPCとして、電子メールやスプレッドシートを使用してインターフェース管理を行っていると、あっという間に複雑化していきます。Aconexを使用すると、インターフェースの特定、定義、管理、完了までを単一の協働可能なプラットフォームで行えます。サブシステムの互換性、専門工事業者の調整、プロジェクト全体でベンダーを適切に配置して、スムーズな進行を図れます。

すべてのインターフェースを監視

どの問題に何時までに対応する必要があるかを一箇所で把握。

プロジェクト全体の可視性

すべてのインターフェースをリアルタイムでモニター。標準化されたプロセスと自動化によって、プロジェクト全体にわたってその都度問題を簡単に確認・対応できます。

信頼できるブランド

グローバルEPC企業上位10社中9社および最大規模のオイル&ガスプロジェクトによって採用されているAconexは、最高レベルの可用性、安全性、信頼性を提供します。

安全に共有

あらゆる情報は安全に保管され、明示的に共有されない限り、社外のデータ保管庫にはアクセスできないため、知的財産は保護されてます。

グローバルチーム向けに設計

カスタマイズ可能なワークフローを作成して、プロジェクト全体で一貫性を保ってインターフェース情報を管理。

拡張型設計

国境を越えた組織間のインターフェース情報、プラットフォーム上の通信文書、統一されたプロセスを管理。

迅速に利用開始

事前設定済みのクラウド型システムにより、新しいソフトウェアやハードウェアは必要ありません。数日で使用開始いただけます。

強力なレポート機能

インターフェース進行状況を組織、分類、期限別に図表で表示できるレポートおよびリアルタイム分析により進捗をモニターできます。

プロジェクトリスクを大幅減少

関連情報やキーワード検索で、お探しのものを迅速に検索できます。

完全記録

プロジェクトのコミュニケーションからインターフェースクエリまですべてが記録される永久不変の監査証跡により、紛争を最小化。

クエリを迅速に追跡

関連情報やキーワード検索機能で、インターフェースのクエリ、進捗、コミュニケーションを迅速に特定し、管理できます。

コンプライアンス事前措置

通信伝達、インターフェース管理、ワークフローを一箇所で実行できるため、法規制遵守のために費やす労力を低減できます。