アジアスクエア | Aconex

Aconex、シンガポール高層ビルプロジェクトに優れたリスク管理を実現

プロジェクト名: アジアスクエア | 業界: 住宅&商業施設プロジェクト規模: 30億米ドル  | 場所: シンガポール 

シンガポールのニューダウンタウン中心地に位置するアジアスクエアは、高級オフィススペース、305客室のファイブスターホテル、5600平方メートルの小売スペース、ネットワーキングや展示会、催し物などを開催できる9300平方メートルの公共スペース、The Cubeを備えた19万平方メートルのツインタワー商業施設です。MGPAは、現在BlackRockの一部となりました。

課題

  • 大量の図面、文書、通信文書を管理。
  • 紛争を回避するために明確な作業プロセスを確保。
  • プロジェクト参加者が常に適切に情報を更新し続ける。
  • 参加者が審査や情報処理の遅れを認識。

ソリューション

  • プロジェクトデータの一元管理化。
  • 情報への即時アクセス。
  • 審査・承認のワークフローを自動化。
  • プロジェクトでのすべての意思決定および処理に対する監査証跡による追跡能力および説明責任の向上。

結果

  • 印刷70%低減。
  • 紛争解決まで数日から数時間に短縮。
  • 説明責任向上‐Aconexにより、問題の80%が排除されプロジェクトのリスクが低減。
  • 図面の送付時間を短縮。

 

プロジェクト一覧に戻る

関連プロジェクト

住宅&商業施設

全中国に様々な家具・インテリアの販売店展開

イケア

Aconexは、プロジェクト全体で大量の文書を共有したり、プロセスを導入するために、優れたツールです。

Mats Nilsson
Deputy Property Manager

発電

41億米ドル
UMPPムンドラ石炭火力は、インド最大の最もエネルギー効率の良い発電所です。

UMPPムンドラ石炭火力

Aconexは、プロジェクト参加者がデータを紛失する心配なく安心して使用できる、信頼できるシステムです。