Aconex、世界最大空港ターミナルプロジェクト獲得

プロジェクト名: インディラ・ガンジー国際空港、ターミナル3 | 業界: 航空&港湾プロジェクト規模: 20億米ドル  | 場所: ニューデリー、インド

インディラ・ガンジー国際空港ターミナル3は、規模52万平方メートルに及び、年間3400万人の旅客対応が可能。全長3キロメートルの施設にチェックインカウンター160、エアブリッジ78、航空機駐機場85が配備される。 ターミナル3拡張プロジェクトでは、アジアで二番目に長い新滑走路も建設。

課題

  • コモンウェルスゲームに合わせて工期が39ヶ月に短縮。
  • インド以外の国の45社を含む70社以上のプロジェクトチームが世界に点在。
  • プロジェクトのコミュニケーションにFTPサイト、ハードコピー、Eメールの限界。
  • 完成目標を満たす上で進行を妨げる問題や困難。

ソリューション

  • 安全でニュートラルな単一プロジェクトコラボレーションプラットフォーム。
  • プロジェクトのすべての文書・通信文書の管理。
  • ワークフローの自動化で迅速な審査・承認過程。
  • プロジェクトのすべての決定事項や処理の監査証跡。

結果

  • 30万以上の文書および100万以上の電子メール、1ヵ月最大10万件を管理。
  • すべての文書や通信文書は遠隔地からアクセス・検索可能。
  • プロジェクトメンバーは、新しいアイテムのリマインダーを受信し、一か所でタスク表示・処理。
  • プロジェクトはコモンウェルスゲームに合わせて工期内に完了。
プロジェクト一覧に戻る

関連プロジェクト

石油&ガス

ニュージーランドの沖の浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)

Maari Field FPSO

Aconexは、文書やメールをすべて保管できて、迅速に情報を検索できる場所を提供してくれます。

プロジェクト主査
Rashim Berry氏

石油&ガス

千代田化工建設

「市場を詳細に調査した結果、弊社ポートフォリオの大部分でAconexを導入することを決定しました。」
ITマネジメント部EPC統合システムセクション SL、太田一郎氏