2本のパイプラインでインド洋岸に石油・ガスを運ぶ

プロジェクト名: Leighton Welspun請負会社 | 業界: 石油&ガスプロジェクト規模: 2億米ドル  | 場所: インド洋

Leighton WelspunはヒーラRD第2フェーズパイプラインおよびもう1つのパイプラインをインドのOil & Natural Gas Corporation (ONGC)向けに建設中です。それぞれ全長75kmの水中パイプラインは石油およびガスをヒーラの生産プラットフォームおよびアラビア海のMumbai High油田から輸送します。

課題

  • 地理的に分散された複数の組織からなるプロジェクトチーム。
  • 常時あらゆる場所で情報へのアクセスが必要。
  • 一般の電子メールシステムでは送信できない大きなファイルを大量に扱う。
  • プロジェクト進捗追跡がリスク管理の鍵。

ソリューション

  • すべてのプロジェクト情報を全プロジェクトチームが安全にアクセスできる一ヵ所に集めたコラボレーションプラットフォーム。
  • モバイルアプリによってiOS およびAndroid 端末から情報にアクセス可能。
  • 監査証跡によって誰が何時何を実行したかに関する記録を提供。
  • Aconexの導入、システム研修、サポートによってプロジェクトの進捗促進。

結果

  • 現場や移動中、オフィスでもプロジェクトマネジャーは情報をキャプチャー、RFIに対応、文書を閲覧・マークアップ、タイムリー且つ敏捷性の高 い 意思決定を行えます。
  • 永久不変の監査証跡により、過去の決定や処理に関する問題を最小化。
  • すべてのサプライヤー文書は効率性、正確性を保つために保存、処理、追跡、レポートされます。
  • プロジェクトの費用およびリスク低減。
プロジェクト一覧に戻る

関連プロジェクト

住宅&商業施設

28億米ドル
西九龍公共文化地区

西九龍公共文化地区

Aconexによって、時間と紙を節約できます。
ICT 計画および建設管理部長、スチュワート・ワン博士

石油&ガス

5億米ドル
インドMid Taptiガス田

Mid Taptiガス田拡張

NRPODでは、5カ国に散在する120以上の供給業者と請負業者が参加。