パナマ運河メガプロジェクト、Aconexで円滑進行

プロジェクト名: パナマ運河拡張プロジェクト | 業界: 航空&港湾プロジェクト規模: 32億米ドル | 場所: パナマ

パナマ運河第三閘門32億米ドルプロジェクトは、世界で最も知られているエンジニアリングのメガプロジェクトです。パナマ運河52.5億ドルの拡張プロジェクトの中心にある新閘門によって、2025年までには運河のキャパシティーは2倍になるとされています。本プロジェクトは、運河の太平洋および大西洋側の2つの新しい閘門施設の建設からなり、既存の閘門より長さ40%、幅60%拡張される予定です。拡張プロジェクトチームは、プログラムマネジャーおよびデザインチームとしてCH2M Hill、イタリア、スペイン、ベルギー、オランダ、アルゼンチン、米国、パナマからの組織を含む建設合弁企業など、国際的な大手建設請負会社およびコンサルタント会社で構成されています。

課題

  • 世界に散在するプロジェクトチームが毎月何万もの文書や通信アイテムをやり取りする。
  • 利害関係者のコンプライアンス要件;参加者のコラボレーション要件。
  • プロジェクト規模と複雑性による高い遅延および紛争リスク。
  • 企業アプリケーションとプロジェクト情報管理システム統合の必要性。

ソリューション

  • すべてのプロジェクトメンバーに安全なデーターアクセスを提供するニュートラルな、クラウド型コラボレーションプラットフォームを導入。
  • どこからでもすべての文書および通信文書にリアルタイムでアクセス、送信、追跡可能。
  • 多言語でアクセスでき、スペイン語、英語、その他の言語使用者へのサポートを提供。
  • すべての参加者に現地で無制限のトレーニング、サポートを提供。

結果

  • プロジェクトチーム全体にわたる広範囲の採用および使用率を確保。
  • 情報にアクセス可能で、正確かつ安全であることをプロジェクト全体で確信。
  • 図面や文書の印刷および送付費用を低減。
  • プロジェクト参加者の内部記録管理プロトコルを支援する高い拡張性と柔軟性を獲得。
プロジェクト一覧に戻る

関連プロジェクト

石油&ガス

ニュージーランドの沖の浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)

Maari Field FPSO

Aconexは、文書やメールをすべて保管できて、迅速に情報を検索できる場所を提供してくれます。

プロジェクト主査
Rashim Berry氏

住宅&商業施設

全中国に様々な家具・インテリアの販売店展開

イケア

Aconexは、プロジェクト全体で大量の文書を共有したり、プロセスを導入するために、優れたツールです。

Mats Nilsson
Deputy Property Manager